政治経済学会

Japan Association of Political Economy

第12回研究大会は2021年3月10日(水)にZoomにてオンラインで開催されます。

※ 大会の参加申し込みを受け付けています。参加希望者は jape-office@list.waseda.jp までメールにて「氏名・所属・参加希望の旨」を記載したメールをお送りください。参加希望者には3月8日(月)の12:00までにZoomのリンクをEmailにて配布いたします。          

以前の研究大会・総会のプログラムはこちら

プログラム

政治経済学会 第12回研究大会 プログラム

<パネルA> 
2021年3月10日(水)10:30〜12:00
[10:30〜11:00]
報告:新井 忍(早稲田大学)「道徳心理学を用いた熟議民主主義理論の再検討ージョナサン・ハイトのSocial Intuitionist Modelを中心に」
討論:小須田 翔(早稲田大学)

[11:00〜11:30]
報告:大庭 大(早稲田大学)「生産性と相互性のリベラリズム再考:ロールズ主義における障害者包摂をめぐって
討論:角崎 洋平(日本福祉大学)

[11:30〜12:00]
報告:横尾 祐樹(早稲田大学)「「監視者」としての平民階級 :マキァヴェッリにおける護民官・民会制度の検討から」

<パネルB>
2021年3月10日(水)13:30〜15:00
[13:30〜14:00]
報告:阿部 貴晃(早稲田大学)「Stable Coalition Structures and Power Indices for Majority Voting

[14:00〜14:30]
報告:篠田 太郎(早稲田大学)「Linguistic Analysis on Unstructured Bargaining Experiment」

[14:30〜15:00]
報告:大門 毅(早稲田大学)「「アラブの春」後10年:チュニジアの事例」
討論:福富 満久(一橋大学)

<Keynote Speech>
2021年3月10日(水)15:00〜16:00
報告:Charles Crabtree (Dartmouth College)
   "Americans Exhibit Biases When Deciding Who Deserves Lifesaving Medical Equipment"


政治経済学会

〒169-8050
東京都新宿区西早稲田1-6-1
早稲田大学政治経済学術院
政治経済学会事務局